NEW POST

南幌リバーサイド・北コースで観戦!

昨日、子どもたちと南幌の公園で遊んだあと、近くにある「南幌リバーサイドゴルフ場」の北コースがどんなところか見にいってみました。この北コースは9ホール×2ラウンドのスタイルで、土日祝でも3600円と格安なので、ちょっと興味があるんですよね。

河川敷コースゆえ、土手の道路からコース全体を見渡すことができるのですが、対岸にある西コース・南コースよりも木が少なく、ハザードもほとんどないので、気持ちよくドライバーを振れそうですね~。わたしのような初心者がラウンドに慣れるためにはうってつけのコースかもしれません。女性もけっこういらっしゃいました。

時間もあったので、最終9番ホールの横にクルマを止め、車内から親子3人でアヤしく(笑)プレーを眺めていたのですが、ツアー観戦のようで、なかなか楽しかったですね~。レギュラーティーから130ヤードのショートホールですので、おそらくPWか9Iあたりでのティーショットでしょうが、わずかにアゲンストの状況で、結果はざっと以下のとおり。

ワンオン:20%
チョロ・ダフリ(飛距離50ヤード前後):20%
ショート(10~30ヤード足りず):40%
シャンク(大きく右へ):10%
バンカー:10%
グリーンオーバー:ゼロ

プレーを拝見した15人ほどのうち、バーディーは1人(めっちゃガッツポーズされてました 笑)だけ、パーは3~4人。あとはみんなボギーで、ダボ以上叩いた方はいらっしゃらなかったように思います。

興味深かったのは、グリーンオーバーがひとりもいなかったこと。まぁ、ショートアイアンでのティーショットなんで飛距離のブレが小さいってことが一番の理由でしょうが、基本的に「もしかしたらオーバーするかも…」という番手の選択はしないものなんですね。オーバーするよりはまだショートのほうが大ケガせずに済む…っていう気持ちの表れなのかもしれません。

こうして人様のプレーを見ていたら、めっちゃラウンドしたくなってきました! 一緒に見ていた子どもたちも、コースでのゴルフを初めて間近に見て興味がわいたようで、「ゴルフ、やってみたい!」と言ってました。北コースなら親同伴の15歳以下は無料なので、中学生くらいまでに練習して一緒にラウンドできればいいね~。

[PR]
Commented by いおた。 at 2016-10-04 12:32 x
南幌は以前よっちと良く行ってましたが、昔はその北コースに渡る渡し舟があって、立ち乗りカートごと小さな舟に乗って移動するのが面白かったです。
確か北コース限定で1人プレーも出来たはずですが、平日のみでしたかね?是非いつかお子さんとラウンドされてみて下さい!
たまに同伴者でグリーンオーバーするような大きい番手を選択をされる方が居ますが、グリーンを狙う場合はオーバーは禁物ですね。
グリーン奥からだと傾斜的に左足下がりの難しいアプローチが残る場合が多く、奥は即OBとなってしまう事もまま有りますからね。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2016-10-04 14:28
なぜ最初から、渡し舟を使わずにラウンドできるコースレイアウトにしなかったのか…というギモンはさておき、ラウンド中に船に乗るゴルフ場なんて、日本広しといえどもここだけだったんじゃないでしょうか? しかもカートごとなんて大胆すぎます! 一度、経験してみたかったですね~。(笑) でも、川が増水したときはどうしてたんでしょう?

西・南コースはこれまで何度か土手の上から観察したことがあるんですが、北コースは初めてでした。いおた。さんのおっしゃるとおり、平日のみ1人ラウンドを受けつけているので、今年、ゴールデンウィーク中の平日が休みになったときに一度電話してみたのですが、残念ながらすでに予約でいっぱいでした…。平日だと2600円ですから、9ホール×2ラウンドだとしてもありがたいですよね~。

GPSナビを使い始める前は、詳しい残距離がわからなかったので、セカンドでかなりオーバーすることもありましたが、GPS導入後は、グリーンのフロントエッジまでの距離で番手を選べるようになったので非常に助かっています。ショートアプローチでミスして奥に行きすぎてしまうことはあっても、それ以外で大きくオーバーすることはほとんどなくなりました。やはり、オーバーよりはショートのほうが安心ですからね。

でも、ラフからフライヤーが出てびっくりするくらい飛んでしまい、キャリーで奥のOBゾーンへ突っ込んだこともなくはないです…。(笑)
by itoyotomiyohariyo | 2016-10-03 06:39 | その他 | Comments(2)

40代からゴルフを始めた北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー