NEW POST

スタンスは狭いほうがいいようで。

シャフトがそれなりに長いクラブを振るときは、スタンスの幅を取ったほうが振り負けしないで安定感が増すんじゃないかと、ドライバー・FW・UTでは肩幅より少し広いくらい取っていたのですが、それだとどうにも球筋が安定してくれません。

そこで先ほど、従来より15センチくらい狭め、肩幅よりやや狭いくらいで振ってみたところ、軽いスイングでも弾道の高い球筋が安定して出るようになりました。しかもほとんど曲がりません。特にFWとUTの弾道が非常によくなりました。

思うに、スタンスが広いと、スイング中の左右への体重移動が大きくなりすぎて、クラブヘッドの軌道がブレてしまうんでしょうね~。結果、インパクトの状態が安定せず、球筋もバラつく…といったところでしょうか。

一方、スタンスを狭くすると、スイング中の左右への体重移動が小さくなって軸の位置がピタッと決まるので、その軸を中心にした弧を描くことができ、結果、インパクトの状態が安定するのでは? と推測しています。

とりあえず、来週のラウンドはこのスタンスとスイングで臨んでみましょう。

あ、それと最近は、練習でマットの位置も少し工夫しています。具体的にいうと、マットを右に30センチくらいずらし、マットの左端にボールを置いて打っています。こうすると、ダウンブローの練習がしやすいんですよね~。ダフっているのかどうか一発でわかりますし、打ったあとのクラブヘッドの抜けがよく、手首にかかる負担が非常に軽くて済みます。

実際、この練習方法に変えてから、アイアンショットの弾道がとてもよくなった気がしますので、実戦でのショットもいまから楽しみですね~。


[PR]
Commented by ヒカル at 2016-10-17 20:13 x
僕もちょい狭めのスタンスかもしれません。
今はましになりましたが、昔はもっと狭かったので、逆に良く打てていたなーと。

狭いと確かにブレはないかもしれませんね。
軸の回転力をうまくボールへ伝えられれば飛距離もそう落ちることは無いですし。
それにしても、最近ショットの安定が高まっているということで、実戦ラウンドが楽しみですね~。

22日はちょい雨の予報なんですね。
まぁ、最近の天気はコロコロ変わるので、直前に晴れに変わるような気がしますwww
Commented by itoyotomiyohariyo at 2016-10-17 21:52
実は、先日のNGBコンペで北の武器商人さんが撮影されたヒカルさんのティーショットを拝見して、「あれ? こんなにスタンスが狭いんだ…」と思ったことがヒントになりました。

これまでスタンスってあまり気にしたことがなかったんですけど、どうにも球筋が安定しないんで試しにマネして狭めてみたところ、あれ? 曲がらない? 飛距離も落ちない? 案外振りやすい? っていう感じで、なにかこう自分のなかで「ストン」と落ち着いたんですよね。まぁ、あくまで練習場レベルなんで、コースに出てどうかは不明ですが…。

ドライバーは、いっときよりはだいぶマシになった気はするものの、前にも書いたとおり、コースに出ると大幅に球筋が変わるので、これはもうティーインググラウンドに立って1発打ってみないことにはなんともいえません。(笑) スタンスを狭めてからFWとUTも安定していますが、まだ実戦で使う勇気が出ませんね…。石狩平原ではスコアを狙いたいので、その次の雉ヶ森で実戦投入してみるつもりではいます。

アイアンに関しては、グリップが決まってからかなりいい感じですね~。以前より弾道が高くなり、飛距離も1番手くらい延びました。実戦ではまだ使ったことがない4Iも、ティーアップすればそこそこいい当たりが出るようになってきたので、ウッド系が不調ならティーショットで出番があるかもしれません。

苦手のショートアプローチにも、ちょっと光が差してきました。ほぼ左足1本に力をかけて打つと、いい具合にボールにコンタクトできる感じです。はてさて、芝に埋まったボールを同じように打てるのかどうか?

あとは天気次第ですけど、おっしゃるとおり、いま時期は前日にならないとわかりませんね…。
Commented by いおた。 at 2016-10-17 23:27 x
狭いスタンス、良いと思いますよ。ドライバーを飛ばすには日本オープンで優勝した松山プロのような広いスタンスが良いのでは?と思いがちですが、アマチュアの場合は狭めのスタンスでバックスイングを深くした方が飛距離は伸びそうです。
グリーン周りのアプローチですが、深いラフに埋まっている場合、僕はバンカーショットのような打ち方をします。フェイスを開いてバンスをボール手前にドンと落としてやるとロブショットのように高く止まるボールが打てます。
トップするとホームランになりますが、慣れてくるとグリーン周りの深いラフからのアプローチが楽しくなってきますよ。今週末は雨が降りそうで嫌ですね。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2016-10-18 00:05
体の鍛え方が違うプロ、しかもガタイの大きな松山選手と同じようなスイングなんてわたしたちアマチュアにマネできるわけはないので、やはりアマ、そのなかでも月イチプレーヤーに合ったスイングやスタンスっていうのはあるはずなんですよね。

なので最近は、わたしとは飛距離が違いすぎる男子プロの中継はあえて見ず、女子プロの試合を見るようにしています。飛距離がほぼ同じですので、ここからなら自分だったらこう打つかな~と、マネジメントのイメージトレーニングがしやすいんですよね。もちろん、女子プロのようにうまく打てるわけはないんですが…。

わたしはそんなに力があるほうではありませんので、もともと飛距離を追い求める気はなく、セカンドショット以降の精度を高めたい…という考えで、そのためにはスタンスは狭いほうがいいように思いました。なんか、これまでにはない新たな感覚がつかめた感じです。はたしてこれが通用するものなのかどうか、土曜日に試してみます。さて、その結果は…週末をお楽しみに!(笑)

深いラフではバンカーショットのように…というのは、ちょっとおもしろそうですね。状況次第ではこれも試してみたいと思います。雨が降らないよう、みんなで晴天を祈りましょう!
by itoyotomiyohariyo | 2016-10-15 23:20 | 練習 | Comments(4)

40代からゴルフを始めた北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31