NEW POST

今シーズン序盤を振り返る。

昨年(2016年)6月11日に本コースデビューを果たしてから、およそ1年がたちました。2シーズン目も開幕からはや2ヶ月ほどがすぎ、ここまで4ラウンド消化しましたが、今シーズンからラウンド中のデータをあれこれ記録しているので、ここらでちょっと今シーズンの内容を振り返ってみます。


b0369475_21441281.jpg

平均トータルスコア=93.75

今シーズンは初戦で80台が出てしまったことと、奇跡的に100を叩いていないことで、予想外の好スコアです。シーズン前に「ラウンドの半分は100切りする!」という目標を立てましたが、こうなると全ラウンド100切りしたい欲が出てきました。



平均ストローク数 Par3=3.9 Par4=5.3 Par5=6.3

もともと安定しているアイアンで、ティーアップして楽に打てるショートホールが+0.9と一番いい数字ですね。逆に、ドライバーの飛距離に左右されやすいミドル・ロングホールが+1.3と悪くなっています。わたしはティーショット以外でFWやUTを使う自信がないので、長いホールだとセカンド以降が苦しくなるケースが多く、どうしてもスコアを崩しがちなんですよね…。ドライバーのヘッドスピードは44~47m/sとそこそこあるので、もうちょっとドライバーのミート率を上げて飛距離をかせぎ、ミドルのセカンドをラクしたいところです。



1ホールの平均パット数=1.93(18ホール換算で34.7パット)

パーオン時の平均パット数=2.16


とりあえず「2」を超えていないのでヨシとしましょう。ただ、パーオン時のパット数はもうちょっと改善したいですね。せめて2.1くらいに…。



パーオン率(26.4%)+ボギーオン率(34.7%)=61.1%


パーオン率+ボギーオン率に関しては、今シーズンの目標として「18ホール中12ホール(66.7%)」を掲げていますので、なかなかいい線までいってますが、毎ラウンドあと1ホールはパーオンもしくはボギーオンを上乗せしたいところ。そうすれば目標値に届くはずです。



フェアウェイキープ率=62.5%


ドライバーが苦手な身としては予想外の高確率です。ただ、2ラウンド目のテンプラ連発で曲がらず、結果的にキープ率が上がっただけかも?(笑) とはいえ、ティーショットがそこそこ安定していた先日のコンペでも57%、今日のラウンドも64%でしたので、ティーショットはだいぶ安定してきたのかもしれません。この数字を維持していきたいですね。



リカバリー率=11.3%


これはどうしようもないくらいダメ…。2打目3打目でグリーンに乗らなかったときのショートアプローチが絶望的にヘタな証拠です。残りわずか20~30ヤードでも、ザックリしたり打ち切れなかったりでボギーオンすらできないケースがまだまだ目立ちます。いつか平均80台のステージに上がるためにも、この部分はちょっと本腰入れて取り組まないといけません…。





わずか4ラウンドでも、こうしてデータを分析してみると、はっきりと自分の弱点が見えてくるものですね。まぁ、分析しなくてもダメなところくらい実感していますが…。(笑) わたしの場合はとにかくリカバリー率、特に20~30ヤードのショートアプローチが最大の課題です。グリーンオーバーを怖がるあまりインパクトがゆるんでしまい、芝に食われてしまうんですよね。わかっちゃいるけど、なかなか強気になれません…。豆腐メンタルなもんで。(笑)


[PR]
by itoyotomiyohariyo | 2017-05-27 21:55 | その他 | Comments(0)

40代からゴルフを始めた北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31