NEW POST

新アイアンの使用感を詳細に。

昨日は練習から帰るのが遅くなり、「インプレスX Vフォージド2010」の感想を詳しく書く時間がありませんでしたので、あらためてまとめておきます。


b0369475_21484609.jpg

まず、アイアンの重さは以下のとおり。


5番 428グラム
6番 437グラム
7番 443グラム
8番 451グラム
9番 458グラム
PW 467グラム


いずれも自宅のキッチンスケールでの実測値で、簡単にいえば「かなり重い」アイアンという感じでしょうか。わたしがこれまで使っていたオノフ2004のアイアンは、カーボンシャフトということもあり、重さは5番357グラム~PW390グラムでしたので、一気に70グラム以上も重くなったワケですね。これだけ差があると、さすがに違和感なく…とはいきませんわな、そりゃ。(笑)


それでも、打ち始めは70グラムもの重量差を感じませんでしたし、実際、これまで以上に高弾道のいい球筋が出ていました。飛距離も、ロフトがやや寝ている分落ちるかなーといった程度。たぶん、これがインプレスX Vフォージド本来の球筋、飛距離だと思います。その飛距離はおおよそ以下のとおり。


5番 170ヤード
6番 160ヤード
7番 150ヤード
8番 140ヤード
9番 130ヤード
PW 120ヤード


オノフより10ヤードほど短くなりましたが、ロフトが1~2°寝ているので仕方ありませんね。別にアイアンは飛距離を求めるものじゃありませんし。ただ、実際のラウンドではしばらく番手選びに戸惑いそうです。


さて、ほとんど休憩もせずに100球くらい打ち続けていると、さすがにだんだん腕に張りが出始めまして…。しかも、なぜか右の上腕部。きっと「重さに負けてなるものか!」と、途中から力任せに振っていたんでしょう。こうなると逆に飛距離が落ちてきて、それを取り返そうとさらに力んでしまい、余計ダメになる…という悪循環。


まぁ、実際のラウンドで間髪入れずに100球も打ち続けることはありませんから、ラウンド前のウォーミングアップで打ちすぎないようにすれば大丈夫かな?(笑) スイング中にクラブの重さに負けてフラつくようなことはありませんでしたし、フィニッシュもピタッと止まっている(と自分では思っている)ので、重さ自体は慣れれば問題ないんじゃないかな、と。ただ、ラウンド終盤など疲れがきたときにどうか…という心配はあります。


打感に関しては、芯を食っても「チョーキモチイイ!」とまでは言えない感じですかねー。まぁ、もともと軟鉄よりステンレスとかの「ペシーン!」という打感のほうが好きなので、単に好みの問題だと思います。ただ、練習場のレンジボールじゃなく、ふだん使っているコースボールを打てばまた印象が変わるかもしれません。


いちおう「中・上級者向け」のアイアンだそうですが、芯を外しても極端に飛距離が落ちることはありません(しっかりスイングできていること前提)し、手が痺れるということもありませんので、そんなに「使う人を選ぶアイアン」という感じではないですね。もちろん、オノフのアイアンに比べればだいぶシビアですが…。


導入を最後まで迷ったダイナミックゴールドのシャフトについては、通常のショットよりも、ショートアプローチで強く恩恵を感じました。なんというか非常に操作性がよく、目標に向かってボールを「運ぶ」感じで打てるんですよ。昨日も書いたとおり、PWでの距離の打ち分けが格段にやりやすくなりました。あと、9鉄での転がしも。


シャフトに重さがあるからか、スイング中のシャフトの位置が感覚的につかみやすく、そのおかげでフェースの芯に当てやすいですし、打ったあと、シャフトの振動がすぐに吸収されて不快感がありません。これはグリーンまわりで強い味方になりそうです。


あ、そうそう。おそらくこのアイアンに限ったことじゃないと思うんですが、重いクラブで疲れてくるとシャンクが出やすいので要注意。調べてみると、軽いアイアンから重いアイアンに替えた当初は特に出やすいそうで…。ラウンド終盤のアプローチなんかでは、注意して打つ必要があるかもしれません。


とまぁ、これらはあくまで練習場での使用感ですので、明日、早朝ひとりラウンドでコースでの使用感を確かめてこようと思います。いきなり誰かとご一緒すると、ミスショットの連続で多大なご迷惑をおかけしそうですので…。(笑)


[PR]
Commented by at 2017-07-07 22:42 x
早速の試打レポートですね!
私もこの頃DGに戻して練習すると、背筋が痛くなりました。。。
弾道高いですか?私の感じではどちらかというと中~低弾道のように感じますが、スイングにもよるのでしょうね。
距離が落ちるのはロフトよりも重さのせいだと思いますので、振れてくると同じくらい飛ぶようになると思いますよ。
ユベオツさんはショートアイアン飛びますね!私とと比べて7番では5ヤードくらいの差ですが、PWでは15ヤードほど開きがあります。

打感は本球を打つとまた変わった感じになります。

私のV forgedはDGのAMTにリシャフトします。5番、6番をしっかり打ちたいので、元調子のウェイトフローのシャフトにしてみます。出来上がったらどこかで打ち比べてみましょうかね?
Commented by ヒカル at 2017-07-07 22:49 x
確かにクラブ重量はそのくらいになるかもしれませんね。
もしかすると僕のクラブセッティングで重量の比較をされているかもしれませんが、僕の方が少し軽くなっているのは軽量版であるツアーベルベットライトのグリップを付けているからです。8g前後ほど軽くなります。

打感は使っていくうちに気に入ってくるかもしれませんよ。
数ラウンドに1回くらいの頻度で、芯の芯に当たるような会心ショットがあるのですが、その時に感触はめちゃめちゃ気持ちよいですw

早速実戦投入ですか!楽しみですね!
重さは慣れればそんなに違和感を感じなるなるかと思いますよ。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2017-07-08 09:59
象さん、おはようございます!

新しいアイアンを買う機会なんてなかなかありませんから、生意気にもインプレッションを書いてみました!(笑)

やはりカーボンシャフトからDGに変わると重いですね…。でも、確かに手で振ろうとすれば重いんですけど、遠心力を感じつつ、体の回転で打てるようになれば70グラムなんて大した差ではないはずなんで、その動きをしっかり身につけないとダメですねー。

で、さっそく今日ラウンドで使ってみたのですが、弾道の高さについてはやはり若干低くなったかもしれません。ただ、いい当たりをしたときの飛距離は前のアイアンとほとんど変わりませんでした。8鉄で150ヤードを超えるショットもありましたし、PWも120~130ヤードといったところでしたね。とはいえ、ミスショットしたときの飛距離の落ち込みはこっちのほうがかなりシビアです。そういう意味では、いままでみたいにごまかしが効きませんねー。(笑)

ラウンドで最後の最後に芯を食ったいいショットが出たのですが、そのときの打感はやはり最高でした! 機会があれば象さんのアイアンも試打させてください。どういう違いがあるのか興味があります。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2017-07-08 10:13
ヒカルさん、おはようございます!

そうですね、フォージドにダイナミックゴールドの組み合わせ…ということで、参考にさせていただきました。ヒカルさんのより重いアイアンなんて、ちゃんと振れるのか!? と不安でしたが、グリップの重量差であれば、同じようなものかもしれませんね。実際、今日のラウンドでも重さは全然気になりませんでした。

象さんへのコメントにも書きましたけど、今日のラストショットで最高の当たりが出まして、そのときの打感は最高でした! 打感…というか、むしろ、打った感触があまりなかったですねー。この感触は確かに前のアイアンでは味わえないものかもしれません。

残念ながらアイアンショットがよかった結果ではありませんけど、今朝のラウンドで2度目の80台を出すことができました。まぁ、アイアンも随所にいいショットはありましたし、ドライバーがずっと安定していたのも、もしかするとアイアンとの重量バランスがよくなったからかもしれませんねー。
by itoyotomiyohariyo | 2017-07-07 21:14 | 道具 | Comments(4)

40代からゴルフを始めた北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30