NEW POST

ヒールアップだけは譲れない!

不調のドライバーショットを安定させようと、あれこれ試したもののひとつが「ベタ足」でのショット。


わたしはドライバーショットのとき、テイクバックからトップにかけて左足のかかとを上げる、つまり「ヒールアップ」してから打つのですが、最近はかかとを上げずにベタ足で打つ方が多いそうです。それならば、実際にベタ足で打ってみたらどんなもんだろう? と、初めて実際にやってみました。


b0369475_21295965.jpg

ところが、笑っちゃうくらいタイミングが取れないし、スイングスピードもダダ落ちで、まともにボールが飛びません…。かかとをちょっと上げるか上げないかだけでここまでショットが変わるとは、ある意味で新たな発見でしたねー。「ヒールアップだけは絶対に変えないぞ!」って決意しましたよ。(笑)


スライス根絶のため、ほかにも、ボールやクラブヘッドをセットする位置、フェースのかぶせ具合、シャフトと腕の角度、ボールを見る角度など、あれやこれやと試行錯誤したものの、結局「これは!」という方法はいまだ見つからず。やはり、自分に合ったドライバー探しの旅をするしかないのかな…。


[PR]
Commented by いおた。 at 2017-08-30 23:27 x
ゴルフスイングという物は本当に人によって千差万別ですが、ヒールアップも出来る出来ないに分かれますね。
ちなみに僕はベタ足派なのですが、動画を見るとトップ辺りで僅かにヒールアップしています。
これを意識的に大きくヒールアップしてしまうとスイングリズムが乱れてしまいます。
今はプロでもベタ足派が多いようですが、池田勇太プロなんかは大きくヒールアップしていますね。NGBですと としさんもヒールアップ派ですかね。
ヒールアップは飛距離に影響が有りそうなのでそのままで良いでしょうね。スライス撲滅はドライバーだけですか?フックし過ぎるドライバーも困るし難しい所ですね…。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2017-08-31 09:16
いおた。さん、おはようございます!

ベタ足でショットが安定するならそのほうがいいかな…と思って試しにやってみたんですが、想像以上の打ちにくさでしたねー。(笑) わたしはたぶん一番最初から(無意識に)ヒールアップしていたようですが、長年しみついたクセというのはそうそう簡単に直せるものじゃないようで…。まぁ、ヒールアップして困ることは特にないので、このままいきます。

スライスはウッド系でしか出ず、アイアンはストレートか若干フックです。特にウッドとアイアンでスイングを意識的に変えてはいない(もちろん長さが違うので、まったく同じようには振れませんが…)んですけど、とにかくウッド系は安定しません。

少し前にヒューマンで象さんにチェックしてもらったところ、ちゃんとインサイドから入っていて、いわゆる「カット打ち」が原因ではないようですが、きっとフェースがオープンの状態でインパクトしているんでしょうね。前にフルミエルでスイング解析したときも、「インサイドイン」でフェースが「オープン6°」となっていましたので…。最初からフェースをかぶせて打ったりしてはみるんですが、なかなかうまくいきません。

スイング解析の結果を見ると、インパクトよりやや左までいくとフェースが閉じていたので、左足のかかとよりもさらに左寄り、土踏まずの延長線あたりにボールを置いて打ったほうがいいのかもしれません。なんかボールが左方向にスッ飛んでいきそうで怖いですけどね…。とりあえず練習場で試してみます。
by itoyotomiyohariyo | 2017-08-30 21:32 | 練習 | Comments(2)

40代からゴルフを始めた北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30