NEW POST

ワケありの4鉄を購入!

GDOのサイトで中古クラブを物色していたら、いま使っているヤマハのアイアン「インプレスX Vフォージド2010」の4番(22°)を発見。Cランクで2800円と格安、しかもGDOなので送料無料です。


b0369475_21332535.jpg

中古の相場は4000円台なのになぜこんなに安いのか? というと、シャフトのロゴが消されていて種類が判別できないからだそうです。ただ、SGマークのシールは残っているので、そんなアヤしいモノではないはず。(笑)


b0369475_21272880.jpg

b0369475_21273729.jpg

GDOの商品説明によれば、長さ38.25インチで、重さ413グラム。カタログの数値と見比べると、N.S.PRO 1050GH(S)モデルとほぼ合致します。グリップがinpresXの純正という点からしても、N.S.PRO 1050GHの可能性が高いかな。


b0369475_21335712.jpg

スペック的には、DG S200仕様より0.25インチ長いこともあり、鉛を3グラムほど貼れば重量フローにぴったり乗るんで問題ありません(個人的にはそのままでも許容範囲ですが)。ただ、N.S.PRO 1050GHは中調子なんですよねー。わたしが使っているDG S200は元調子なんで、4鉄だけ調子が違うことになります。でも、「N.S.PRO 1050GHはDG S200よりボールが上がりやすい」なんて声も多いので、弾道が低いロングアイアン限定であれば案外アリなのかも?


あとは、実際に打ってどうか…ですよね。意外にしっくりくるかもしれませんし、全然合わないかもしれません。ただ、道具に関してはあんまり細かいことを気にしないほうなんで、たぶん大丈夫じゃないかなーと。逆に、どの程度の差を感じられるものか、DG S200の5鉄と打ち比べるのがちょっと楽しみだったりします。


というわけで、モノは先ほど到着。キャディバッグから苦手なUTを抜いて、すっきりしました。こうしてアイアンがじゃらーんと並んでいると、なんかうまくなった気がしますね。(笑) でも、道具だけはイッチョマエといわれないよう、しっかり練習しないと…。


b0369475_21284101.jpg

4鉄そのものをうまく使えるようになればもちろん最高ですけど、それよりも、4鉄の練習をすることで、いまより5鉄が簡単に感じられるようになればいいな、と。4鉄は当面、5鉄の精度を上げるための練習道具って感じでしょうか。


あ、ティーアップすれば4鉄もそう難しくはないんで、状況によりティーショットでは使うと思います。現状、5鉄(25°)のティーショットでキャリー+ラン=185ヤードくらいなんで、190ヤード以上出ればいい武器になりそうです。でも案外、5鉄より飛ばなかったりするんですよね…。(笑)


[PR]
Commented by ヒカル at 2017-12-16 00:04 x
いいですねー、新しいクラブはワクワクしますよねー。
5鉄が普通に打てるのであれば、4鉄もいけそうな気がします。
短く持てば5鉄と長さ変わらないですし、また、ロフトが立っているのでその分アゲインスト対策で低弾道なショットとか出来るかもしれませんね〜。

僕の3鉄も実は4鉄ほどの長さにしています。なので短めに持つと5鉄とほぼ変わらず。
バランス調整が目的でしたが、やはり多少短いほうが何となくの安心感がありますね。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2017-12-16 00:18
ヒカルさん、こんばんは!

シャフトの違いがどうか…はともかく、新しい(中古ですが 笑)クラブを追加すると、なんだか新しい世界が広がるような気がしますよねー。とりあえず、思いのほかきれいなクラブで安心しました。

どのクラブでもそうなんですが、わたしはグリップぎりぎりでは握らない派で、けっこうグリップエンドを余して握るので、38.25インチの4鉄でも実質は37インチくらいで握ることになるかもしれません。

前に象さんの4鉄をヒューマンで打たせていただいたのですが、少なくともティーアップすれば特に問題はありませんでした。地ベタショットでどうか…ですが、感覚的には5鉄でも4鉄でもさほど変わらない気はしますね。ロフトどおりの飛距離が出るかどうかはまた別問題ですが…。(笑)
Commented by at 2017-12-16 10:46 x
そのシャフト、何でしょうかね?重量的にはおそらく1050打と思いますが、「Made in Japan」が気になりますね。私の4Iも最初1050が入っていたんですが、そのプリントはないです。(今もシャフトのみ取ってあるので。)ソケットから第一ステップまでの長さが分かったら、私のと比べてみますよ。
1050はポヨ~~ンと球が飛びだしていきます。上がりやすいですよ。DGのようにスピンで上げていくタイプではないです。中調子で癖のない、扱いやすいシャフトだと思います。好みはありますが、打感はちょっとボケた感じですかね。
私には22°はきついですが、ユベオツさんなら扱いきれるかも、です。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2017-12-16 11:15
象さん、こんにちは!

そうなんですよ、わたしもこのシャフトの「Made in Japan」が気になっているんですよね…。1050であれば、ロゴの下に書いてあるはずですからねぇ。いちおうGDOではコピー品等は買い取らない…と書いてあるので、偽物ではないと思うのですが。(笑)

まぁ、肝心なのは、どんなシャフトであれ実際に打ちやすいことが重要ですので、近々練習にいって確認します。どうしても違和感が拭えなければDGにリシャフトすればいいかな、と。

あ、ソケットとシャフトとの境界から第一ステップまでの長さは17.9センチです。
Commented by at 2017-12-16 17:50 x
私のは第1ステップまで15.5cmくらいですね。1050ではないかもしれませんね。
島田ゴルフのK's3001 105とか、K's-Tour liteかもしれませんね。
K'sは使ったことありませんが、硬めのシャフトが多いそうですよ。あ、RとかSとかもわかりませんもんね、打ってみてからの判断でしょうね。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2017-12-16 18:12
象さん、こんばんは!

そうですか、1050とは一致しませんでしたか。手でしならせた感じだと、DG S200より若干軟らかいような感じがするんですよね。まぁ、ものすごく感覚的なものなのでアヤしいものですが…。(笑)

明日、ヒカルさんと練習に行く予定なので、ヒカルさんにも打っていただいて感想を聞いてみます。もちろん自分でも打ちますが、ヘッドスピードが速いヒカルさんが打ったほうがより違いがわかるかもしれません。
by itoyotomiyohariyo | 2017-12-13 21:41 | 道具 | Comments(6)

40代からゴルフを始めた北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31