NEW POST

新シャフトはボールが上がりやすい!

初雪が遅れに遅れていたわが家あたりも週末からまとまった降雪があり、すっかり冬景色に変わってしまいました。札幌近郊のゴルフ場も軒並みクローズが決まり、いよいよオフシーズン本番(?)といったところでしょうか。


さて、そんななか今日は朝から青空が広がり、午後からちょっとだけ時間が空いたので、コレさいわいと、先日シャフトを「KUROKAGE Silver Dual-Core TiNi 60S」に交換したドライバーの試打に行ってきました。


b0369475_22080804.jpg

なにぶん自分で初めてシャフトにスリーブを接着したものですので、打っているときにすっぽ抜けたりしないか? と、とにかくそれが心配…。最初はハーフスイングで1球打つたびにヘッドが動いていないか? シャフトが少しずつ抜けてきていないか? を確認しつつ、少しずつ振り幅を大きくしていって、よし、これなら大丈夫だろう! と確信できたところでいよいよフルスイング。


まず一番最初に感じたのが「軽い!」ということ。それもそのはず、Tour AD I-65Sを挿していたときは総重量323グラムでしたが、KUROKAGEに替えて315グラムと8グラム減。たった8グラムとはいえ、ホントに軽く振れますし、なによりフィニッシュがピタッと決まります!


弾道は相変わらず自分の持ち球である「フェード」のまま(わたしはどんなドライバーを打ってもフェードしか出ません 笑)ですが、けっこう思い切り振っても大きく曲がることはありません。方向性は非常に安定していて、これはI-65以上かも? カチャカチャでのつかまりの設定は従来どおりノーマルで問題なさそうです。


そして、KUROKAGEはとにかくボールがよく上がる! わたしはドライバーでもダウンブローに入ってしまい、特にロフトが小さいドライバーはボールが上がらないのが悩みで、ノーマル10.5°をカチャカチャで最大の12°にしていました。ところが、KUROKAGEで12°だと上がりすぎてしまう感じですので、いろいろ設定を替えながら、結局11.25°に落ち着きました。


肝心の飛距離に関しては、1階打席で、しかも雪景色にボールがまぎれて着弾点がよく見えず、飛んでるんだかどうだか判断できませんでしたが、少なくとも飛ばなくなっているということはなさそうです。これは後日、ヘッドスピード&ボール初速の測定器をお借りして検証してみたいと思います。


さて、こうしてI-65とKUROKAGEを打ち比べてみて感じたのはI-65Sのハードさ。使っていたときはまったく気にならなかったんですけど、比較すると、なんじゃこの「棒」は!? って感じですね。(笑) とりあえずKUROKAGEとの相性はよさそうなので、より自分のものにするために、冬のあいだじっくり練習したいと思います。


Commented by at 2018-11-24 22:32 x
試打成功ですね!
とりあえず安心しました。
多分グリップが軽いと思いますので、場合によっては交換されると良いかもしれません。
今度一緒に打ちに行きましょう!
Commented by itoyotomiyohariyo at 2018-11-24 22:54
象さん、こんばんは!

とりあえずシャフトのズレや抜けはなかったので、わたしも安心しました。このくらいの感じで作業すれば大丈夫、という自信がついたので、今後も自分でやりたいと思います。

重量バランス的には特に気になるところもなく、ジツはこのテーラーメイドのグリップが触り心地もよく、けっこう気に入りまして。(笑) なので、劣化するまではこのまま使い続けようと思います。

ショットの動画も撮ったのですが、雪景色の白バックだと球筋がまったく見えず、なんの参考にもならないのでアップするのはやめておきました。

ノースジャンボの冬場はボールがアレでしたので、今度はボールがもうちょっといいところで打ちたいですねー。ぜひまた練習ご一緒しましょう。冬の練習会、第1弾ですね!
Commented by いおた。 at 2018-11-25 11:48 x
ご自分でスリーブにシャフト装着してると愛着が湧くでしょうね。試打結果も良くて色々と満足されたのではないでしょうか?これで来季のドライバーは完璧ですね!
前のツアーADが硬いのも有るかも知れませんが、クロカゲが結構しなるんでしょうね。以前使っていたクレイジーもハードに見えて意外としなって掴まりが良かったので、その辺はクロカゲに似ているなと思います。動画はスイングを皆さんに見て貰うのに載せてみては?
僕もクロカゲを試打させて頂くのを楽しみにしていましたが、先日軽いギックリ腰をやったので冬場の練習は暫く控えたいと思います。ようやく普通に歩けるようになりましたが、ゴルフスイングするのはちょっと怖い状態です…やはり僕も腰痛持ちなんだなぁ(^_^;)
Commented by いおた。 at 2018-11-25 11:54 x
ところでこのクロカゲってM3ドライバーのUSバージョンに付いていた物なんですね。USバージョンってハードなイメージが有りますが、それでも物によっては難無く打てるもんなんですね。球が上がりやすいのも意外ですね。それでも吹け上がりは少ないと思いますが。
Commented by ヒカル at 2018-11-25 14:29 x
KUROKAGEのシルバーDC、良さそうな雰囲気のようですねー。
シャフトのしなりやトルクがうまい感じに方向性の調整をしてくれる印象があります。
次回にご一緒の時には、シルバーDCのXを打ってみてくださいwww

あとはクラブいじりを一度してしまうと、もうあれこれと自分で作業しちゃいたくなりますよね。
UT向けの長さのスチールシャフトはあれこれと余っているので、必要であれば差し上げますので言ってくださいwww
Commented by itoyotomiyohariyo at 2018-11-25 16:25
いおた。さん、こんにちは!

そうですね、やはり自分で作業すると愛着はわきます。これで本番でもいいショットが打てれば、もう手放せなくなるでしょう。象さんのおかげです。

I-65だと、たまに引っ張ってしまって左へまっすぐすっ飛んでいくことがあったんですが、クロカゲではまずそのショットが出なくなりました。まれに右へ曲がることもなくはないんですけど、吹け上がるような弾道もほぼ出ないんで、曲がったとしても距離ロスは小さくて済むような気がします。

確かにこのシャフトはUSモデルのようですが、クチコミを見ると、意外にハードじゃない…という感触の方が多いようです。まぁ、ヒカルさんの90Xは別ですが。(笑)

昨日かなり振り回したんで、今日はもっと筋肉痛になるかと思っていたんですが、意外に大丈夫でした。多少腹筋は痛いですが。腰痛、お大事になさってくださいねー。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2018-11-25 16:33
ヒカルさん、こんにちは!

いやー、クロカゲシルバーDCはいいですね! XTでいいショットが出たのは偶然ではなかったという感じでしょうか。シャフトのしなり戻りが自分のスイングに合っているのか、なぜかボールがよく上がってくれます。それだけでも、ドライバーでボールが上がらないわたしにとっては大きな恩恵ですねー。あとは、ボールスピードがそれなりに上がってくれていれば万々歳です。

スコットヒルのラウンド前練習でヒカルさんのドライバーを打たせていただきましたけど、ロフトが立っていることもあって、全然ボールが上がる気がしませんでした…。90Xはさすがにムリっす。(笑)

UTやFWもリシャフトしたいところではありますが、ソケットが特殊形状なんで、一筋縄ではいかなさそうです。ネット検索しても、オノフのリシャフトに関する情報は皆無に等しく、ちょっと難しそうですね…。素直に買い替えるほうがよさそうです。
by itoyotomiyohariyo | 2018-11-24 22:15 | 練習 | Comments(7)

40代半ばからゴルフを始めて4シーズン目の北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31