NEW POST

5m/sの差について考えた。

先日の練習会で象さんのM-Tracerを使わせていただいたことは前回の記事で書きましたが、M-Tracerではおおよそのヘッドスピードも表示されます。で、わたしの場合、ドライバーでふつうに振ると40~43m/sでした。


b0369475_09433544.jpg

象さんのお話では、グリップに取りつけたセンサーの動きで推測するヘッドスピードですから、取りつけ位置などでかなり誤差が出るそうです。ただ、別の人がまったく同じ条件で計測すれば相対的な差はわかるだろうと、N.G.B.きっての飛ばし屋であるヒゲナシさんに、わたしのクラブをそのままお渡しして打っていただきました。


b0369475_16390541.jpg

すると、そのヘッドスピードは46~48m/s! なるほど、わたしより5m/sも速いんですねー。もし同じミート率だったとすれば、単純計算で30ヤードほどの飛距離差が出てしまうわけですから、ティーショットで張り合おうとするのはムチャというもの。このトシになって一気にヘッドスピードを上げられるとも思えませんので、現実的な数字として、コンスタントに220ヤード飛ばすことを目標とすべきでしょう。


残念ながらパッティングのセンスはトボしい(笑)んで、やはりわたしはセカンド以降とショートホールのショットを磨くべき、との思いを強くした次第です。来シーズンは、飛ばなくてもスコアはまとまる! ってゴルフをできたらいいなぁ。


Commented by at 2018-12-18 22:23 x
先日はお疲れ様でした。何やら忙しくてコメントできませんでした。
ユベさんも、ヒゲナシさんもコックの溜めが素晴らしいですね。
ヘッドスピードだけでは大敗かもしれませんが、飛距離はそれだけではないので、いい勝負はできるかもしれませんよ。
ユベさんのはクラブパスが-3.6°なので3.6°アウトから入っていてフェースが1.2°オープンになっています。FaceToPathが4.8ほんの少し右に出てフェードする感じですね。
軌道をインサイドアウト気味にほんのちょっと修正してクラブパスが+3°くらいにすれば理想的な球筋になりそうですよ。少しだけアウトにクラブを引いていくとインサイドから入りやすくなると思います。
ハンドアップも1.8°といい感じだし、回転もいい値だと思います。
私もそうですが、クラブコントロールを磨いて効率の良いスイングができると、まだまだ飛距離は伸びると思います。
数値から見るとヒゲナシさんのスイングは豪快ですよね。ヘッドスピードは正直うらやましいです。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2018-12-18 23:09
象さん、こんばんは!

先日はお疲れさまでした。楽しい時間をすごせてよかったです。

いやー、ヒカルさんとはヘッドスピードで大きな差があると思っていましたが、ヒゲナシさんとここまで差があるとは思ってなかったんですよ。でも、数値ではっきり証明されてしまったので、なるほどティーショットで置いていかれるわけだと納得しました。まぁ、いまでこそカラダに余計なモノがついた(笑)のでアレですが、もともとわたしは骨格が細くチカラに欠くので、それは仕方ありませんね。

ドライバーでもインサイドから入るように何度か試みてはいるんですが、どうにもうまくヘッドを返すことができず、フェースが開いたままインパクトを迎えて大スライスが出てしまうんですよ…。わたしはリストが非常に弱いんで、おそらく返しきれないんだと思います。その証拠かどうか、テニスをすると思いっきりボールに当たり負けするんで…。orz

でもまぁ、書いたとおり安定して220ヤードも飛ぶようになれば、あとは得意のアイアンなり、今後導入する予定のUTやFWなりでどうにかカバーできそうな気はするんで、まずはそこを目指して、道具に弱点を補ってもらえればな、と思っております!(笑)
by itoyotomiyohariyo | 2018-12-18 06:00 | 練習 | Comments(2)

40代半ばからゴルフを始めて4シーズン目の北海道民の苦闘を綴る!【N.G.B.=North Golf Bloggersメンバー】


by yubeotsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31